浅野直樹です。

 

相関係数の計算にやや戸惑いました。

 

計算量が多いことに加え、解説の途中式に省略が多かったために惑わされました。要素の個数が分母と分子に共通に現れるためその記述が抜けていたのです。

 

Share