浅野直樹です。

 

「(数学は)わかるとおもしろい」と言ってもらえました。

 

その境地に達すれば、おもしろいから問題を解き、さらにわかることが増えるのでよりおもしろくなるという好循環に入ります。

Share