岸本です。

今日も漢字の書き取りと新聞の記事を読むことに取り組みました。

 

漢検準2級レヴェルの漢字は、読むことはできても、いざ書こうとしたら書けない場合が多いですね。

かくいう私自身も細かい点を間違えてしまうことがあります。

しかし、細かな間違いならば、次回はそこを注意して書くことで、その間違いを訂正できるでしょう。

例えば「漆」という漢字の場合、右下の部分を「求」と間違えてしまった場合、次回は「氺」に直すことだけを注意しておけば、覚えなおす内容も少なくて済みます。

このように、間違えをおそれず、少しずつでも覚えていきましょう。

 

記事の書き取りは、時間の都合でできませんでしたが、そのぶん複数の記事を読んでもらいました。

日本国内の記事だけでなく、海外の記事も多めに入れました。

世界の現状に位置づけてこそ、今の日本を理解できると考えたからです。

新聞記事のいろいろな表現を学びながら、いま世界で起こっていることを学んでいきましょう。

来週も漢字を中心に進めていく予定です。

Share