岸本です。

今日は、生徒さんが学校でのテストがあるということでしたので、漢字を中心にその対策を行いました。

 

漢字については、教科書に載っているものを、その場で私がランダムに選び、生徒さんに書き取ってもらいました。

ほとんどできていたものの、「途中」や「詳しく」といった漢字でミスが見られました。

しっかり復習しておきましょう。

その他、余裕もあったので国語に限らず理科の問題も見てみました。

そうしたことを通じて感じたのは、どんな教科であれ、問題を理解することが必要であり、そのためにはやはり読解力がなければならないということでした。

日本語が読めなければ、問題に答えることすらできませんからね。

生徒さんは、その点をしっかわかってくれているようでしたので、国語にもきちんと取り組んでくれることでしょう。

テストで良い点をとることだけが目的ではありませんが、それを通して国語の理解力が増してくれるのであれば、テストには点数以上の意味があるのだと、私は思います。

Share