「山びこ通信」2017年度春学期号より下記の記事を転載致します。

『つくる』3年

担当 藤田 温士

 つくる3年のクラスには新しい男の子が増え、女の子二人、男の子二人のより元気なクラスになりました。
厚紙によるブーメラン作りに挑戦した時は、四人それぞれ大きさも違えば形も違う個性的なブーメランを作って校庭で遊んでいました。しかしなかなかうまくいかないもので、お互いに影響を受けながら何度も作り直し、各々の形を確立させていました。その常識にとらわれない物作りは大きな可能性を感じさせてくれました。
森に落ちている材料を探しに行った時は多様な植物に目を奪われ、時を忘れて探検してしまうなど、好奇心旺盛な様を見せてくれました。
常に話し声が絶えないような元気なクラスで、これからどのようなものが飛び出してくるのか、とても楽しみにしています。

Share