浅野です。

 

毎回何のえほんを読もうかと考えています。

 

なるべくいろいろな種類のえほんに触れてもらいたいと思っています。これがいいかなと思って持ってくると、「それ知ってる!」と言われることが多いです。知っているえほんをもう一度読むのも悪くはないのですが、知らないものも紹介したいと思います。

 

今回紹介した、やなせ たかし『ハルのふえ』(小学館、2009)は好評でした。「どこかで見たことがある感じがすると思ったらやなせたかしさんか」という声も聞かれました。

 

 

Share