福西です。

先週から『二分間の冒険』(岡田淳、偕成社)を読み始めています。この日は2章を読みました。1章ずつがほどよいペースだと感じています。

(文庫版ではなく、ハードカバーの方で読んでいます)

実はこの本に決めるにあたって、対立候補に『冒険者たち』(斎藤惇夫、岩波書店)を挙げ、どちらを読むかで生徒たちと相談していました。『冒険者たち』はネズミとイタチの手に汗握る対決を描いた物語であり、『二分間の冒険』は竜となぞなぞと時間にまつわる物語です。どちらも「読みたい」という声が上がっていました。結局多数決で、最初は『二分間の冒険』ということに決まりました。

内容に対する生徒の反応は、よいです。情景の目に浮かぶような文章が次々と出てきて、続きが気になります。やはりこの本は「読ませる」なあと改めて感じています。

大人の方にもぜひおすすめです。

 

後半は推理クイズを2題しました。こちらも気持ちよく解くことができました。

Share