福西です。2回目です。

『人生の短さについて』(セネカ、茂手木元蔵訳、岩波文庫)を読んでいます。

この日は2章を読み終えました。

Aさんは、学校で倫理の授業が始まったそうで、「倫理とは何ですか?」という質問が出ました。答えるのは難しいのですが、よく使われる字義的な「倫」という垣根の話をした後(それは学校でも説明されたそうです)、哲学と倫理、頭で考える理想とその実践という観点から、私なりの憶見(ドクサです)を述べました。

「Aとは何か」(このAには自然、動物、人間、自分、真、善、美など、様々な単語が入ります)という本質を考えるのが哲学だとしたら、それを知った上で、では人生どう組み立てればよいかの実践に持っていくのが倫理ではないか。またそのような自分と同じく「よりよく生きようとする自分」であるところの「他者」(複数)と自分との関係はどうあるべきか。

つまり社会的に「善」とされる行動とは何か。それについての「考え」を、身近な出来事からもしこうなった時はどうする?という有事まで、具体的・現実的・経験的な「実践」を通して「さらに深める」というイメージかな、と私は思います。(所詮、プラトンの洞窟の比喩でいう所の影絵です–;)

Aさんにはまた後で辞書を引いてほしいと思います。

来週、倫理学の基礎であるところの『ニコマコス倫理学』(アリストテレス、高田三郎訳、岩波文庫)をお見せします。

ちなみにラファエロの『アテナイの学堂』の中央に、プラトンとアリストテレスと言われている人物が描かれていますが、そのアリストテレスの方の手にしているのがETICA(『ニコマコス倫理学』)と言われていることも付言しました。

それを皮切りに、ストア派とエピクロス派のことにも触れました。

ストア派はプラトンの系譜上にあること、セネカもそれを研究していることを説明しました。2章1節~2節では、「お金儲けにあくせくするとか、公職に就くための票集めに東奔西走すること(ambitio=日本語では野心と訳されています)等々、そういったことはすべて人生ではなくて、ただ過ぎていく時間だ」と言います。セネカは、時の皇帝ネロの先生であり補佐役であり、自身お金持ちでもあって、本当にお金のない人や意見の言えない人の気持ちが分かったかどうかは分かりませんが、セネカのこうした論調には、ストア派の価値観が色濃く見えます。また単に陰口になってはいけないので、セネカの死に方について、またそれを描いたルーベンスの『セネカの死』も見ておきました。あの絵を見ると、セネカの著作を通しての言葉の重みはやはりあって、その死はセネカ自身の「火は金の試す」の実践ではなかったかと感じます。

さて、2章4節では、「忙しない人生」(セネカの目から見た)が活写されます。ここは日本語訳だけで付き合うと、くどく感じてしまうかもしれません。ただ、原文では構造的に「おお」と感じられるので、注目してみました。

quam~!

quam~!

quam~!

quam~!

hic~、hic~、ille~、ille~、ille~、

quamは「なんと~なことか!」、hicは「この者(こいつ)は」、illeは「あの者(あいつ)は」です。

「なんと富は重い(首を絞める)ことか!」「なんと弁舌は血を吐かせることか!」「なんと快楽は血の気を失わせることか!」「なんと親分は子分に取り囲まれて不自由なことか!」、「こいつは弁護を頼んでいる、こいつは証人になっている、あいつは審問を受けている、あいつは弁護している(defendit:ディフェンスしている)、あいつは裁いている」

しかし、以下のような者はだれもいない(nemoだ)と続きます。「自分自身のためにクレームを言う者は」と。(他人が取られた時間については世話を焼くのに、自分の時間については世話を焼かない)。

Aさんからは、次の質問が出ました。「なぜここで裁判が出てくるのですか」と。裁判の話が唐突に思われたようでした。実は私も分かりません。ただおそらく、お互いがお互いを利用し合い、引っ張り合う状況を述べているという文脈から、裁判(こと帝都ローマの喧噪)が引き合いに出されたのだろうと思います。

 

なお、この日最後に確認した一文が印象的でした。

「甲は乙のために耕し、乙は丙のために耕すが、誰ひとり自分自身を耕す者はない」(2.4)

illle illius cultor est, hic illius ; suus nemo est.

イッレ・イッリウス・クルトル・エスト、ヒク・イッリウス、スウス・ネーモー・エスト。

あいつ(Aさん:ille)はあいつの(Bさんの:illius)耕作人(cultor)である(est)。こいつは(hic)あいつの(illius)。すなわち誰一人としてない(nemo)、自分自身の(suus)(耕作人)は。

私自身は、cultorという単語と、授業の最初で話していたことから、キケロの次の言葉を連想しました。

「精神の耕作が哲学である」

cultura animi philosophia est.(トゥスクル荘対談集2.1.3)

クルトゥーラ・アニミー・ピロソピア・エスト。

これを最後に紹介して終わりました。

 

次回は3章を読みます。

Share