前川です。

アウグスティヌス「告白」、第3章から4章の途中まで読みました。
第3章はやや論理の運びが難しく、内容をつかむのに苦労しました。
一語一語を丁寧に解釈していく必要があることを痛感させられます。

次回は4章途中から5章途中までです。

Share