浅野です。

 

「一時間半」を英語で言うのは意外と難しいです。

 

論理的で応用が広い言い方はone and a half hoursです。「1と0.5時間」といった感じです。515円をfive hundred and fifteen yenと言うのと同じ原理です。これならtwo and a half hoursなどのようにoneの部分をかえれば応用できます。

 

ネイティブはan hour and a halfという表現のほうをよく使うようです。しかしこれは「一時間半」特有の言い方であって応用はきかないですし、わかりづらいです。

 

「半時間(30分)」に関しても同じことが言えます。論理的にはa half hourですが、ネイティブはhalf an hourを好みます。hourは発音上母音で始まるのでaではなくanになることもややこしくしています。

Share