山下です。夏休みと言えば読書。松岡正剛氏の「千夜千冊」よりエッセイを紹介します。

『虫をたおすキノコ』。

これは本の紹介文なのですが、むしろ著者であり、かつ、松岡氏の小学校担任であった吉見昭一先生に対する感謝いっぱいのオマージュとなっています。

小学校教育とはどうあるべきか。深く考えさせられます。

Share