浅野です。

 

推理小説を書くということに多大な熱意をもって取り組みました。

 

この日は気分が乗ったのか、意欲的に原稿を書き進めることができました。主人公が登場する第1章からです。どこで覚えたのかとびっくりするような表現が散りばめられるなど、予想以上の滑り出しとなりました。恋愛要素をどの程度盛り込むかといったことで議論が起こるなど、聞いていて楽しかったです。

 

Share