先週に出された提案に従い推理小説に取り組もうとしました。

 

アーサー・コナン・ドイルの短編を読もうかと思っていたら、一人の生徒が名探偵コナンの本を持ってきてくれたので、そちらの新しいコナンのほうにしました。一冊を読むのは大変そうだったので、この話を知っている人に口頭で説明してもらいました。私はその話を知らなかったので、純粋にわからないところはわからないと言いました。話の前半は理解できたものの、後半が理解できませんでした。しつこく聞くと、それなら先生が本を読んできてと言われてしまい、実際に本を貸してくれました。

 

自分たちで推理小説を作ることを目標としつつ、しばらくは過去の作品からネタを仕入れたいです。

 

 

Share