山下です。

小2クラスにならい、俳句クイズに挑戦しました。

プリントには、4月から習った俳句がすべてタイプされています。(約20)

はじめにウォーミングアップをかねて、全員に音読してもらいました。

次に紙をふせます。

そして、私は最初の文字、たとえば「め」とだけ言います。答えがわかれば手を挙げ、「めにはあおば・・・そどう」まで発表します。

子どもの記憶力がすばらしいと思うのは、「め」に対して、「めいげつや にぎにぎしたる あかごかな いっさ」も忘れずに思い出し、発表できる点です。

後半は、配ったプリントを裏返しにし、表に書いてあった20ほどの俳句について、覚えているだけ書き出す、という練習をしました。

当然全部は覚えていません。

それで、何度も紙を表裏ひっくりかえす・・・という作業が続くわけです。

この作業を何度も無心に繰り返す子どもたちの姿を見て、自分の子ども時代の勉強をふと思い出しました。

A4の紙いっぱいに俳句を書きおわった段階で、この日は時間切れとなりました。

Share