古典的な有名問題を通じて思考力を養っているように感じました。

 

因数分解では、一つの文字について整理してから二段構えで因数分解をする問題でパズルのような思考をしました。

 

確率ではいろいろな考え方がある中で、場合分けが最も少なくてすくような効率のよい考え方を模索しました。

 

平面幾何では内角の二等分線と辺の比の考え方を応用して、外角の場合を考えました。

 

どれもきちんと考えればすっきりした答えにたどり着ける問題でした。

 

Share