前回に『三つの宝』で劇をしたいと言われていました。

 

舞台を設営したり、小道具を用意したり、オリジナルの役を追加したり、配役をふせんに書いてその人に貼り付けたり…と楽しく準備をしました。あまりに楽しく準備をしていたために、気づけば時間がなくなっていました。配役でもめたという事情もあります。

 

劇そのものには至りませんでしたが、内容を把握したり、配役の相談をしたりする過程に意義があったのではないかと思います。うまく表現することができませんが、何とも言えない充実感があったのです。

 

次回に続きをするか、別の劇をするか、全く別の内容にするか迷います。

 

 

Share