山下です。

会員の個人面談を行い、有意義に夏休みを過ごせるよう、具体的なアドバイスをしました。

それぞれの生徒の皆さんにとって、勉強に、スポーツに、おおいに実りある夏休みとなりますことを祈ってやみません。

夏休みといえば「宿題」(苦笑)。

「山の学校」では、今までと変わらず、「学習記録表」を毎日つけることを課題としています。

なぜかというと、人間は人間である以上、他人に指示されて動くのではなく、自分で自分に課題を出し、自分でそれに応えて動くことのほうが、より人間的である、と考えるからです。

じじつ、これができないと、いわゆる「指示待ち人間」になるのがオチです。

一方、自分の努力の結果を記録として残し、自分でそれを分析しながら、みずからの工夫によって、自分の「学びのモーティべーション」を高めるスキルを身につけることは、単に知識を身につけること以上に価値あることだと私は思います。

自分への課題・・・できるだけ数値化して自分に指示を出すことが肝要です。

クラブ活動をする人も、ランニングは何周走ればよいのか、数字で指示を出します。

「がんばって走れ」という漠然とした指示は出ません。

英語の本であれ、数学の問題であれ、何を、いつ、どれだけのスピードで、どこからどこまで取り組むのか、自分で自分のスピードや性格と相談し、自分に具体的な指示を出す必要があり、それをこなす自分を自分で監督する必要があります。

英語の教科書で言えば、一つのユニットを読み通すなら、時間も測定すべきです。すると意外に5分もかからないことに気づきます。また、繰り返し音読を重ねると、最初のタイムは多くの場合半分になるものです。(個人差はあります。)

時間を計ると、集中力は高まります。私は中学時代からスポーツをしていたので、勉強をする際にも、タイムを計ったり、記録をつけたりすることを自然にやっていましたが、ストップウォッチ付きの勉強法は色々工夫できるので、お奨めです。

Share