福西です。「かず」のクラスの所信として、以前山びこ通信(2012/3月号)に書いたことを一部抜粋して再掲します。学期の変わり目ですので、ここでまた気を引き締めて、一回一回の授業に取り組む所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

(前略)私がクラスで一番多くしていることは何かというと、それは「ほめる」ことです。ただし私は生徒たちに、他人と比較しないと自分の居場所を見つけられないような人には、なってほしくないと考えています。

むしろ、他人がどうあれ自分のすべきことは自分でする、そのような人になってほしいという思いで、ドリルやプリント、パズルの問題を渡しています。それに丸をつける時でも、「すごいね」と私が言うのは、何も解けたことに対するご褒美ではなくて、生徒自身に個々に賞賛の言葉を送りたいからです。ましてや誰かと誰かの間に優劣をつけて「席を並べたい」がためではありません。それは、山の学校に通知簿がないこととも符合します。

勉強をすると、以前の自分から「変わる」ことができます。私がほめたいのは、そのことです。それには、自分に対して「間違い探し」ができる余裕が必要です。そしてその余裕を持つことは、実際、大人でも難しいことです。

であれば、そのような大人になっても難しいようなことを、今、現にやってのけているのだとすれば、一体どこに不安があるのでしょうか。他人と比較してなおさら焦る必要があるのでしょうか。もしあるとすれば、それは自信のないすきまに、「他者との比較」が忍び込んでいることが原因だと私は考えます。

勉強は、偏見を剥ぎ取ることで視野を広げて、より自由になっていく行為です。もしそれを、他者への優越感を手に入れるためにしているのであれば、それは真逆を行くようなことです。それは至って不自由なことであり、いつかは「上には上がいる」ことに愕然として窮してしまうことでしょう。

すなわち、「比較」によって「やる気」を出してもらうことは刺激が強いだけに危険であり、後になって生徒がその時の喜んでいた自分の姿を思い出して、たちまち勉強自体への興味が「色あせる」ことの方を、むしろ私は恐れます。たとえば『チョコレート戦争』に出てくる金泉堂のお菓子のように、「本人がそのあとに約束されたご褒美を手に入れることにやる気をなくせば、それまで」という方式で、いつまでも引っ張ることは、あまり適切ではないと感じています。それは「後からネガティブになる思い出」になるかもしれないからです。

むしろ私の思いは、過去の自分と向き合って克服した頑張りを、『桃太郎』のきびだんごのように持たせてあげたいというものです。なぜなら自分との付き合いは永続的であり、それさえを「自信」にして持ってくれていれば、算数に限らず、何においても踏ん張りがきくものと信じられるからです。

クラスで取り組んでいる『論理パズル』も、そうした「自分を信じる」経験を培うものです。自分で一から答案を作り上げること。これが「自信」の源になれば、およそ「考えること」が本質である数学は問題ありません。それは彼らの頼もしい答案が何よりも説得的に物語っています。

繰り返しになりますが、「他人との比較ではなく、自分との比較」が勉強の本質だと私は思います。自分を味方につけることができた人は、そのあとの何とでも勝負ができると言えます。(そして何となら、自分は思い切り勝負できるのかは、その後の自分ならではの定義によります)。

一方、他者と比較して得られた自信は、所詮、『白雪姫』に出てくる鏡、「偽りの自分」を支える虚栄心です。それは「あいつさえいなければ…」とか「自分なんて…」という後ろ向きな感情の温床でしかありません。

そのような思いで、かずのクラスで一体何に取り組めばよいかと考えた時に、私が行き当たった一つの答が、「パズル」でした。パズルは「自分は間違っていない」という前提に立っているとなかなか解決に至らずに、結果、自分が悔しい思いをします。それでも粘りたくなるところが、パズルのよさです。

問題形式自体はおよそ現実離れしていますし、一瞬は他人の「解けた!」という声が気になるかもしれませんが、パズルそれ自身の中に解く楽しみがあるので(つまり自分が解けたかどうかにしか意味がないので)、人と比べる必要は本来はあまりありません。

発展的なことへの興味はもちろん無理に抑える必要はありません。ですが、ただそれを学課の延長に求めて「興味が先細りする」ことを心配するよりも、全く次元の異なるところで勝負するパズルで、やわらかい好奇心は受けとめた方が、むしろ自然なことだと考えるようになったのでした。そして当然のことながら、パズルは算数の根幹である「考えること」を鍛えます。

最後になりますが、以前、1~3年生のクラスで「最短距離問題」をしました。その時、「本当にその答が一番短いですか?」と質問すると、いつまでも「うーん」と自分の答が最短かどうかで頭をひねっている生徒たちがいました。私はそれが「本当の勉強の姿」だと感じました。

こちらが答を教えるのではなく、また隣の答がそうだからではなく、自分に確固とした根拠があることを信じて「そうだ」と言える人にこそ、はじめて「正解」の価値があります。

いつもならクラスの様子を書くところですが、一度私の考え自体もいつかは述べなくてはと思い、この場を借りて書かせていただきました。(福西)

(山びこ通信2012.3「かず」より抜粋・一部加筆修正)

Share