浅野です。

英語読書会の第20回です。範囲はp.130, l.22~p.138, l.38まで進みました。

“Wingardium Leviosa!”とロンが唱えると、トロルが持っていた棍棒が空中に浮かび上がり、そしてトロルの頭上に落ちていきました。そしてトロルはノックアウトされました。

騒ぎを聞きつけてマクゴナガル先生たちがやってきます。先生はこれまでに見たことがないほど怒っています。ハリーとロンが何も言えないでいると、ハーマイオニーが自分のせいだと言い出しました。一人でトロルをやっつけようとして、ハリーとロンに助けられたと。それを受けてハーマイオニーの行動に5点減点、トロルをやっつけたハリーとロンには5点加点ということで一件落着しました。ハーマイオニーが微妙にうそをついたのは、一人でトイレで泣いていたと言いたくなかったからでしょうか。

この章の最後の段落を引用しておきます。

But from that moment on, Hermione Granger became their friend. There are some things you can’t share without ending up liking each other, and knocking out a twelve-foot mountain troll is one of them.

次は11章の「クィディッチ」です。この競技は冬が最適のシーズンだそうです。ハリーはスリザリン戦でのデビューを控えています。それに勝てば”House Championship”の2位になれるそうです。この”House Championship”はクィディッチだけに関するもので、日頃から点数を減らされたり増やされたりしているのは”House Cup”だったように記憶しています。

トロルの一件以来、ハリーとロンはハーマイオニーと友だちになりました。ハリーは彼女から宿題を教えてもらったり、クィディッチに関する本を借りたりします。その本によるとある試合では審判が消えて数ヵ月後にサハラ砂漠に現れたことがあるとのことです。事情がよくわかりません。

ハーマイオニーは以前ほど校則に縛られることもなくなり、ハリーたちと行動することが多くなりました。ある日、スネイプ先生はハリーのクィディッチ本を校則違反だとして取り上げました。ハリーはその日のうちに職員室まで本を取り戻しに行こうとします。それを聞いたロンとハーマイオニーはこう言います。

Rather you than me.

二人ともハリーを気遣ってむしろ自分が行くと主張したのかと思いましたが、よく見てみると「自分よりもハリー」と言っています。「私は嫌だからね」といった感じでしょう。

ハリーが一人職員室へ行くと、そこではスネイプ先生が脚の傷の治療をしていました。そして3つ頭の犬に噛まれたようなことを言っていたのです。これにはハリーも驚き、ロンとハーマイオニーに報告しました。クィディッチの試合を翌日に控えていたにもかかわらず、このことが気になってハリーは眠ることができませんでした。

翌朝、ハリーは朝食もろくに取らず試合に臨みます。会場には寮の友人たちが作った”Potter for President”と書かれた横断幕が掲げられていました。直訳すると「ポッターを大統領に」ということですが、こうした表現を一般的にするものなのでしょうか。イギリスは大統領ではなく首相だったはずなので余計に不思議です。

グリフィンドールのチームは試合前に気合を入れます。そしてフーチ先生が審判として試合は始まります。彼女も含めて15人が空に舞い上がったと描写されているので、副審などは存在しないようです。

双子のウィーズリーの友人であるジョーダンが実況を担当します。グリフィンドールが先取点をあげました。ハグリッドも観戦にやってきます。ハリーは最初目立った動きをしていませんでしたが、スニッチを発見します。相手チームのシーカーにも競り勝ったかに思われた瞬間、意図的なファウルを受けてしまいます。

このあたりで時間になりました。次回は11月19日(金)18:40~20:00に行いました。その次は12月10日(金)18:40~20:0を予定しております。

Share