前川です。

二週間空きまして、前回は『枕草子』の68段から74段まで読みました。
対照的なものを並べている71段「たとしへなきもの」では、「笑う」と「怒る」が対照されています。「泣く」ではないところには、何がしか平安的な感性があるのでしょうか。

また74段では、従者から主人の質も伺える、という趣旨のことが述べられます。これは今も変わらない点でしょう。

次回は75段から読みます。

Share