前川です。

『枕草子』は44段(岩波文庫版)まで読み進みました。
随筆は興味のままに書くものと言われますが、ものづくしの段での
それぞれのものの扱いの違いも興味深いものです。清少納言の
生活実感に根ざした部分と思われる内容は、彼女の表情まで
想像できるようで楽しく思えます。それにしても、いろいろな
内容を書いたものだと改めて感心させられます。

引き続き『枕草子』を読み進めていきます。

Share