前川です。

前回は「枕草子」第36段(岩波文庫版)を読みました。
これは枕草子の中でもかなり異色の段だと思われます。
第三者的な(著者的な)観点と主人公それぞれの観点が入り交じり、
大変交錯した文章です。これがいきなり試験に出てきたらお手上げだと
思います…。

しかし描写は本当に詩的な感じであり、清少納言の面目躍如と
いった感じでしょう。

次回は休講です。次は37段から読みます。

Share