山下です。昨日に続き、今日も英語の特講を担当しました。学年を問わず、各自にとっての既習事項を「日本語→英語」がすらすら正確にかけるまでなんども練習を重ねています。

生徒によっては、いきなり英語を書くのがまだ難しい場合もあり、その場合は、口頭で正解が言えるまで練習した上で、その綴りを書いてもらいます。そして、もう一度音読します。10問解いたら、1番目から順に正確に発音し、記憶を確かにしていきます。

中1から高3までの生徒と勉強を一緒にしていて思うのは、スポーツと同じで、”何回も間違うことが大事”ということです。無理に間違う必要はありませんが、間違いを恐れて手も口も動かさないような勉強をしていていると、それは勉強になりません。

生徒に言っていることは、「たくさん間違ってよい」ということです。間違って、その都度なんども直しているうちに、いつか「自然に」できるようになります。10回やって11回目に出来る人も、100回やって101回目に出来る人も、どちらもやり方の原理は同じです。

明後日まで通算4日間通して勉強すれば、かなり英語の勉強の仕方が身につくと思います。あとは自分で練習を続けることができるでしょう。

英語の勉強のよいのは、自分で自分の答案を採点できる点です。やり方さえ会得したら、「英語は独学できる」と思います。

正解は教科書であり、その通りに何も見ずに英文を復元できるなら、学校のテストで満点以外を取るほうが難しいでしょう。なにせ教科書が頭の中に完璧に入っているわけで、試験中に教科書持ち込みで問題を解くようなものです。

語学は突き詰めれば「暗記」です。いかに抵抗なく、これを習慣化できるかがクラスとしてのテーマになるかと思います。

一人ひとりがひたむきに問題に取り組む姿は、見ていて心打たれます。明日も生徒たちに会うのが楽しみです。

Share