山の学校 weblog

山の学校は小学生から大人を対象とした新しい学びの場です。子どもは大人のように真剣に、大人は子どものように童心に戻って学びの時を過ごします。

「年: 2022年」の記事一覧

『リンゴ畑のマーティン・ピピン』を読む(西洋の児童文学を読むC、2022/6/9)

福西です。 『リンゴ畑のマーティン・ピピン』(エリナー・ファージョン、石井桃子訳)、第4話「オープン・ウィンキンズ」を読んでいます。 読んだ個所は、下巻p15-21です。 ある嵐の夜。 ホブ、アンブローズ、ヘリオット、ヒ […]

お勧めのクラスご紹介『ギリシア・ローマの歴史を読む』(オンライン)

こちらはその名のとおり『ギリシア・ローマの歴史』について学ぶクラスですが、同時に「英文読解」をし、訳文を検討しながら、テキストの内容を正確に理解する授業になっており、二重に学べるお得なクラスです テキストは英語で書かれた […]

お勧めのクラスご紹介『現代世界史』

『現代世界史』クラスでは、19世紀後半以降の「現代世界史」を最近の歴史研究(新書など)を通じて学んでいきます。 この秋学期は「歴史と時間」というテーマで日本に関するもの、 主に坂本多加雄の論文(時間意識に関するもの)を読 […]

入角先生のブログと講座アーカイブ、ご紹介

山の学校で、小学生の「ことば」「かず」クラスや、中高生の「数学」クラスを担当されている入角先生からの投稿がありましたので、ご紹介致します。 >>「かず4〜6年」(2022-09-20) その中で、先生が哲学に触れられてい […]

山の学校の「中高生クラス」

小学生から大人までの学びの場、「山の学校」では、中高生クラスも充実しています。 英語や数学のクラスでは、各学校で扱っている内容や進度、生徒さんの理解度にあわせてきめ細やかに学習の応援をしています。 また、本読みに特化した […]

ことば4~6年

入角です。本日、四月から読んできた『二分間の冒険』という物語を読み終えました。次回からは、私の選定した、江戸川乱歩『怪人二十面相』を読んでいく予定です。 『二分間の冒険』は、主人公の悟が異世界のようなところに飛ばされて、 […]

好評につき、毎月開催中「古典語の夕べ」

月に一度の、土曜の夕べ。 予習なしで、肩の力を抜いてどなたもお楽しみ頂ける、「ラテン語」「ギリシャ語」のオンライン特別講座、2本立てです。 (両方の受講も、どちらか一方の受講も可能です。) 担当はそれぞれ、山の学校代表の […]

『赤毛のアン』を読む(西洋の児童文学を読むB、2022/7/8)(その1)

福西です。 『赤毛のアン』(モンゴメリ、村岡花子訳、新潮社)を読んでいます。 p62~67を読みました。第4章の後半です。 朝食のあと、アンは鉢植えのゼラニウムを指さして、「あの花は何?」とたずねます。 マリラにとって、 […]