山の学校 weblog

山の学校は小学生から大人を対象とした新しい学びの場です。子どもは大人のように真剣に、大人は子どものように童心に戻って学びの時を過ごします。

「中学ことば」の記事一覧

『西洋古典を読む』クラス便り(2017年2月)

山びこ通信」2017年度冬学期号より下記の記事を転載致します。 『西洋古典を読む』 担当 福西 亮馬  生徒のAさんが夏休みに読んだ、『知ろうとすること。』(早野龍五、糸井重里、新潮文庫)という本を私も読みました。「混乱 […]

風鈴の音

福西です。 2年前まで山の学校に通っていたY君(現在中学3年生)が先週俳句を作って、妹さんを通して持ってきてくれました。

3/9 中学ことば

岸本です。 今日は、生徒さんが来週の3/12(火)の都合が合わないということで、その補講として行いました。 早いもので、今回で「中学ことば」クラスも最後となります。 今回は、伊丹万作の『映画と民族性』という作品を読解、議 […]

3/5 中学ことば

岸本です。 今日も寺田虎彦の作品を読みました。 3/11も近いということで、『天災と国防』という作品を取り上げました。

3/2 中学ことば

岸本です。 今日は、2/4(火)の休講に対する補講でした。 久しぶりに、寺田寅彦の作品を読みました。 『漫画と科学』というエッセイです。