福西です。

過去の記事から掘り起こしました。

6年生の頃に、Shouji Yusuke君とTanahara Kokoroちゃん(今では大学2回生)が書いてくれたリレー小説です。

第1話は、5年生の頃、Koyama Yutaka君、Hiramatsu Hayato君、Shouji Yusuke君、Tanahara Kokoroちゃんの4人で書きました。その後6年生になって、Yusuke君とKokoroちゃんが第2話を完成させました。

近未来の地球とその周辺を舞台にした「宇宙大戦争」をモチーフにしたお話です。

『マウントとジョージのお話』

第1話(Kokoroちゃん、Hayato君、Yusuke君、Yutaka君)

第2話-1(Yusuke君)

2(Kokoroちゃん)

3(Yusuke君)

4(Kokoroちゃん)

5(Yusuke君)

6(Kokoroちゃん)

7(Yusuke君)

8(Kokoroちゃん)

9(Yusuke君)

10(Kokoroちゃん)

11(Yusuke君)

12(Kokoroちゃん)

13(完)(Yusuke君)

 

「終わりを与える」というのは立派なことです。よくがんばって書いてくれたなと今でも思います。

Share