山下です。
『農耕詩』1.187-199を読みました。

一粒の種(semen)を例に取り、万物は人間の間断なき労働を欠くとき退化する宿命であることを伝えています。

Share