福西です。

ひねもす道場(3年生以上)の様子です。今日は4人の参加でした。

R君とC君は、見本の戦車をまねて作り出しました。「今日中にできるかなあ?!」「無理ちゃうかなあ?!」と、終始手を動かしながら、刻々と迫る時間と格闘していました。R君が砲塔を、C君がキャタピラ部分を担当していました。「何とかできたなあ!」「よかったなあ!」と二人で言いあっていました。

E君は、オリジナルでプテラノドンを作り始めました。翼の部分に使っているモスに切り込みを入れて、斜めのグラデーションを表現しているあたりがすごいなあと思いました。最初、翼は固定だったのですが、あとで肩の部分を可動式にして、はばたけるようにしました。最後は長い棒の先に杖のように取り付けて、飛んでいるようにしました。

Rちゃんは、かごを作りました。モスカーブを使いました。両端の縦の芯に、何本もモスを横に通していって、編み物のように完成させていきます。左右と真ん中とで柄に変化をつけるところに心を込めていました。最初2時間では足りないかなと思ったのですが、だんだん慣れていったことで、作業が早くなっていました。最後は取っ手のところをつけて完成させました。

みんな、時間内にそれぞれの「いいもの」ができて、よかったです。

Share