山下あやです。

今日は今年度初めての勉強会でした。

総勢18人で、一年生が8人もいました!

8時半からの太郎先生の論語の素読のあと、朝9時、初めての一年生たちがどうなるか予想もつかない中、勉強会は始まりました。

お兄さんお姉さんはもう慣れたもの。黙々と持ってきた課題をこなしていきます。

一年生たちはまず、覚えたてのひらがなをていねいに、書いていきました。「あ」から「ん」まで書き終わって、やはり「な」行くらいからがむつかしくて小さい字になっていきます。

そこへ同じテーブルの5年生Kくんが、そのみんなのひらがなを添削していってくれました。赤鉛筆で、とめ、や、はらいを丁寧に直して行ってくれます。

「お兄さんもな、昔は下手やってん、「を」って、難しいよな」と言いながら。

それを食い入るように見つめ、また書き直す一年生たち。
隣のお兄さんYくんも、添削に参加してくれます。

途中でどうしてもそわそわしてきてしまった一年生さんがいました。普段の小学校は45分の授業だからしんどいかもしれません。よし、身体を動かしにちょっとお外へ出よう!と言い、希望者4人でお外に、頭と身体をリフレッシュさせにいきました。

5分たって戻り、残りは30分。さっきそわそわし始めてしまった一年生Mちゃんに、ひらがなを「あ」から「ん」まで大きな字で丁寧に書いて終わりにしよう!と言い、それからはていねいに大きな字でしっかりと最後まで書けました。はじめと終わりの字は全然違っていました。

今日も色々ドラマがありつつ、何とか笑顔で山を下りられました。ぴかぴかの一年生にも、お兄さんお姉さんたちにも、何か少しでも心に残る日であったらいいなと思いました。

写真 1 写真 4 写真 3 写真 2

Share