ラテン語格言, 第3部の例文

「フェークンディー・カリケース・クェム・ノーン・フェーケーレ・ディーセルトゥム」と読みます。
fēcundī は「豊富な」を意味する第1・第2変化形容詞、男性・複数・主格です。calicēsにかかります。
calicē ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「ヌンク・ウィーノー・ペッリテ・クーラース」と読みます。
nunc は「今」を意味する副詞です。
vīnō は「酒、葡萄酒」を意味する第2変化中性名詞vīnum,-īn.の単数・奪格です。
pellite は「 ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「エルゴー・ビバームス」と読みます。
ergō は「だから」を意味する接続詞です。
bibāmus は「(酒を)飲む」を意味する第3変化動詞bibō,-ere の接続法・能動態・現在、1人称複数です。「~しよう」と呼び ...

ラテン語格言

「ウィーヌム・アニミー・スペクルム」と読みます。
vinum は「酒、葡萄酒」を意味する第2変化中性名詞、単数・主格です。
animiは「心、精神」を意味する第2変化男性名詞、単数・属格です。
speculum ...

エッセイ

Multae sunt causae bibendi. 飲む理由はたくさんある

「飲むこと先にありき」の場合、口実は後からいくらでもついてきます。うれしいから飲む、悲しいから飲むといった具合に。どんなときでも酒好きにとって ...

ラテン語格言

「ウィーヌム・ノウム・イン・ウトレース・ノウォース・ミッテンドゥム・エスト」と読みます。
vinum は、中性・単数・主格で「ぶどう酒」という意味。
それを novum(新しい)が修飾しています。辞書の見出しでは no ...

ラテン語格言

「ウィーノー・アルントゥル・ウィーレース・サングイス・カロルクエ・ホミヌム」と読みます。
vino は「酒」を意味する第二変化中性名詞 vinum の単数・奪格です。「酒によって」と訳せます。
aluntur は「養う ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「ヌンク・エスト・ビベンドゥム・ヌンク・ペデ・リーベロー・プルサンダ・テッルース」と読みます。
全体の意味は、「今こそ(nunc)飲むべし(est bibendum)。今こそ(nunc)自由な(libero)足で(pede)大 ...

ラテン語格言

「ニヒル・アリウド・エスト・エーブリエタース・クゥァム・ウォルンターリア・インサーニア」と読みます。
Nihil は英語の Nothing に相当する不変化名詞、中性・単数・主格です。
aliud は、「別の」を意味す ...

ラテン語格言

読みは、「ムルタエ・スント・カウサエ・ビベンディ」。
multae は「多くの」を意味する第一・第二変化形容詞 multus, -a, -um の女性・複数・主格で、causae にかかります。
sunt はこの文の動 ...