ラテン語格言, 第4部の例文

「エルゴー・エクセウンドゥム・アド・リーベルターテム・エスト」と読みます。
ergō は「それゆえ」という意味をもちます。
exeundum は「立ち去る、出発する」を意味する不規則動詞exeō,-īre の動形容詞で ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「コルヌー・ボース・カピトゥル・ウォーケ・リガートゥル・ホモー」と読みます。
cornū は、「角」を意味する第4変化・中性名詞 cornū の単数・奪格です。「角によって」と訳せます。
bōs は、「牛」を意味する第 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「ベネフィキウム・アッキペレ・リーベルターテム・エスト・ウェンデレ」と読みます。
beneficium は「恩恵」を意味する第2変化名詞beneficium,-ī n.の単数・対格です。
accipere は「受ける」 ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「ウェーレー・アク・リーベレー・ロクゥェレ」と読みます。
vere は「真実ありのままに、正しく」という意味の副詞です。
ac は「そして」を意味する接続詞です。2つの副詞vereとlibereをつなぎます。

ラテン語格言, 第5部の例文

「ネーモー・リーベル・エスト・クゥィー・コルポリー・セルウィト」と読みます。
Nemo は英語の nobody, no one に相当し、「誰も・・・ない」を意味します。
liber は「自由な」を意味する第1・第2変 ...

ラテン語格言

「クゥァンドー・リーベルタース・ケキデリト・ネーモー・リーベレー・ディーケレ・アウデービト」と読みます。
quandoは「~する時」を意味する接続詞です。
libertasは「自由」を意味する第3変化名詞、単数・主格で ...

ラテン語格言

「ピロソピアエ・セルウィアース・オポルテト・ウト・ティビ・コンティンガト・ウェーラ・リーベルタース」と読みます。
philosophiaeは「哲学」を意味する第1変化名詞 philosophia,-ae f. の単数・与格です ...

ラテン語格言

「フォルトゥーナ・オペース・アウフェッレ・ポテスト・ノーン・アニムム」と読みます。
fortuna=運命、 opes は、ops(wealth)の複数・対格、auferre は aufero (carry off)の不定法、 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「ウェーリタース・リーベラービト・ウォース」と読みます。
veritas は「真理」を意味する第三変化名詞・単数・主格で主語になっています。
liberabit は「自由にする、解放する」という意味の第一変化動詞 li ...

ラテン語格言

「ポプリー・ローマーニー・エスト・プロプリア・リーベルタース」と読みます。
populi は「国民」を意味する第二変化名詞 populus の男性・単数・属格です。
Romani は「ローマの」を意味する第一・第二変化 ...