ラテン語格言, 第5部の例文

「グローリア・イン・エクスケルシース・デオー・エト・イン・テッラー・パークス・ホミニブス・ボナエ・ウォルンターティス」と読みます。
gloria は「栄光」を意味する第一変化名詞、単数主格です。
excelsis は「 ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「ディー・アー・ヌッロー・ウィデントゥル・イプシー・アウテム・オムニア・ウィデント」と読みます。
dī は「神」を意味する第2変化名詞 deus,-ī m. の複数主格です。
nullō は「何の~も~ない」を意味する ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「デウス・オムニア・ノーン・ダト・オムニブス」と読みます。
deusは「神」を意味する第2変化名詞deus,-ī m.の単数・主格です。
omniaは「すべて」を意味する第3変化形容詞omnis,-e の中性・複数・対 ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「デウム・イミタートゥル・クゥィー・イグノスキト」と読みます。
deumは「神」を意味する第2変化名詞 deus,-ī m. の単数・対格です。
imitāturは「模倣する」を意味する第1変化動詞 imitor,-ā ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アスピキウント・オクリース・スペリー・モルターリア・ユースティース」と読みます。
aspiciunt は「見る」を意味する第3変化動詞 aspiciō,-ere の直接法・能動相・現在、3人称複数です。
oculīs ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「タンタエネ・アニミース・カエレスティブス・イーラエ」と読みます。
tantaeneはtantae+neと分解できます。
tantaeは「これほど大きな」を意味する第1・第2変化形容詞 tantus,-a,-umの女性 ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「イプセ・ディクシト」と読みます。
ipse は強意代名詞 ipse の男性・単数・主格です。
dixit は「言う」を意味する第3変化動詞 dico の直説法・能動相・完了・三人称・単数です。
直訳では「彼自 ...

ラテン語格言, 第6部の例文

「ネク・スキーレ・ファース・エスト・オムニア」と読みます。
nec は「~でない」を意味する副詞です。
scire は「知る」を意味する第4変化動詞 scio,-ire の不定法・能動態・現在です。
fas e ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「エスト・プロフェクトー・デウス・クゥィー・クゥァエ・ノース・ゲリムス・アウディトクゥエ・エト・ウィデト」と読みます。
Estは不規則動詞sum,esse(いる、ある)の直説法・現在、3人称単数です。
profectō ...

ラテン語格言

「ニヒル・レールム・フーマーナールム・シネ・デイー・ヌーミネ・ゲリトゥル」と読みます。
nihilは英語のnothingに相当し、「無」を意味します(中性・単数・主格)。
rerumは「事、出来事」を意味する第5変化女 ...