ラテン語格言, 第4部の例文

「ドゥークント・ウォレンテム・ファータ・ノーレンテム・トラフント」と読みます。
dūcunt は「導く」という意味の第3変化動詞 dūcō,-ere の直説法・能動態・現在、3人称複数です。。
volentemはvol ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「デケト・インペラートーレム・スタンテム・モリー」と読みます。
decet はdeceō,-ēre(<非人称表現で>ふさわしい)の直説法・能動態・現在、3人称単数です。不定法を伴い、その内容が「ふさわしい」という意味を表します ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「ケーデ・レプグナンティー」と読みます。
cēde は「<与格>に譲る」を意味する第3変化動詞 cēdō,-ere の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
repugnantī は「反対する、抵抗する」を意味する第1 ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「アマンテース・デー・フォルマー・ユーディカーレ・ノーン・ポッスント」と読みます。
amantēsは「愛する」を意味する第1変化動詞 amō,-āre の現在分詞 amansの男性・複数・主格です。この文では名詞的に使われ、「 ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「アマンティウム・イーラエ・アモーリス・インテグラーティオー」と読みます。
amantium は「愛する」を意味する第1変化動詞 amō,-āre の現在分詞、複数・属格です。現在分詞の名詞的用法で、「恋する者」を意味します。 ...

ラテン語格言

「タケンス・ウォーケム・ウェルバクェ・ウルトゥス・ハベト」と読みます。
tacens は「沈黙する」を意味する第二変化動詞 taceo の現在分詞、男性・単数・主格です。「沈黙している」と訳せます。vultus にかかります。 ...

ラテン語格言

「パッレアト・オムニス・アマンス」と読みます。
palleat は「青ざめる」を意味する第二変化動詞 palleo の接続法・能動相・現在、三人称単数です。「・・・すべし」というニュアンスを帯びます。
omnis は「 ...

ラテン語格言

「ムルタ・ペテンティブス・デースント・ムルタ」と読みます。
multa は「多くの」を意味する第一・第二変化形容詞 multus, -a, -um の中性・複数対格です。
petentibus は「求める」を意味する第 ...

エッセイ

Pax intrantibus, salus exeuntibus. 訪れる者に安らぎを、去りゆく者に安全を

この言葉は、ドイツのローテンブルクという街にあるシュピタール門に刻まれているラテン語として知られています。

文頭の ...