ラテン語格言, 第2部の例文

「クレスキト・イン・アドウェルシース・ウィルトゥース」と読みます。
crescitは「成長する、大きくなる」を意味する第3変化動詞crescō,-ere の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
inは「<奪格>におい ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「カラミタース・ウィルトゥーティス・オッカーシオー・エスト」と読みます。
calamitās は「災難」を意味する第3変化名詞 calamitās,-ātis f. の単数・主格です。この文の主語です。
virtūti ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「アウデンドー・ウィルトゥース・クレスキト・タルダンドー・ティモル」と読みます。
audendō は audeō,-ēre(敢えて行う)の動名詞、単数・奪格の形で、「敢えて行うことによって」と訳します。
virtūsは ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「アウデンドー・マグヌス・テギトゥル・ティモル」と読みます。
audendō は 第2変化動詞 audeō,-ēre(敢えて行う)の動名詞、単数・奪格です。「敢えて行うことによって」と訳します。
magnusは第1・第 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アドウェルサ・ウィルトゥーテ・レペッロー」と読みます。
adversa は「逆境、不運、災難」を意味する第2変化中性名詞 adversum,-ī n.の複数・対格です。
virtūte は「勇気」を意味する第3変化名 ...

ラテン語格言

「クゥィー・ペル・ウィルトゥーテム・ペリイト・ノーン・インテリト」と読みます。
quiは関係代名詞、男性・単数・主格です。先行詞IsまたはIlleが省略されています。
perは「~を通じて、~によって」を意味する対格支 ...

ラテン語格言

「ウィルトゥース・ミッレ・スクータ」と読みます。
virtusは「勇気、美徳」を意味する第3変化女性名詞、単数・主格です。
milleは「1000(の)、無数の」を意味する数詞です。
scutaは「盾、防御」を ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「イグニス・アウルム・プロバト。ミセリア・フォルテース・ウィロース」と発音します。
ignis は「火」を意味する第3変化の男性名詞・単数・主格、aurum は「黄金」を意味する第2変化の中性名詞・単数・対格です。
p ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「ネー・ケーデ・マリース・セド・コントラー・アウデンティオル・イートー」と読みます。
ne + 命令法で「・・・するな」という否定の命令になります。
cede は「退く、屈する」を意味する第3変化動詞cedo,-ere ...

ラテン語格言

「スプラー・パティエンティアム」と読みます。
supra は「・・・を越えて」という意味の前置詞で、対格を取ります。
patientiam は「受難」を意味する第一変化名詞、単数対格です。
この二語の組み合わせ ...