ラテン語入門

過去完了は、完了幹にsumの未完了過去を加えて作ります。

Themistocles omnium civium perceperat nomina.
「テミストクレース・オムニウム・キーウィウム・ペルケーペラト・ノ ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「キュンティア・プリーマ・フイト・キュンティア・フィーニス・エリト」と読みます。
Cynthia はCynthia,-ae f.(キュンティア)の単数・主格です。詩人プロペルティウスが愛した女性の名前です(ただし本名ではありま ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「インサーヌス・メディオー・フルーミネ・クゥァエリス・アクゥァム」と読みます。
insānusは「狂った」を意味する第1・第2変化形容詞insānus,-a,-umの男性・単数・主格です。省略された主語tū(2人称単数の人称代 ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「アウロー・プルサ・フィデース」と読みます。
aurōは「黄金、金(かね)」を意味する第2変化名詞 aurum,-ī n.の単数・奪格です(「手段の奪格」)。「黄金によって」と訳します。
pulsaは「追い出す」を意味 ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「イン・マグニース・エト・ウォルイッセ・サト・エスト」と読みます。
magnis は形容詞が名詞化されている例です。第1・第2変化形容詞magnus,-a,-um(大きい)の中性・複数・奪格です。
et は次に来る単語 ...

ラテン語入門

不規則動詞の例文を集めました。

Semper amica mihi, semper uxor eris.
「センペル・アミーカ・ミヒ・センペル・ウクソル・エリス」と読みます。
semperは「永遠に」を意味 ...

ラテン語格言

「トゥー・ミヒ・ソーラ・プラケース・プラケアム・ティビ・キュンティア・ソールス」と読みます。
tuは二人称単数の人称代名詞tuの主格です。
mihiは一人称単数の人称代名詞egoの与格です。
solaは「一人の ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「テー・ウストゥス・アメム」と読みます。
te は人称代名詞二人称単数、対格です。「あなたを」と訳せます。
ustus は「焼く、燃やす」を意味する第三変化動詞 uro の完了分詞、男性・単数・主格です。この文の主語を ...

ラテン語格言

「トラーイキト・エト・ファーティー・リートラ・マグヌス・アモル」と読みます。
traicit は「超える」を意味する第三変化動詞 traicio の直接法・能動相・現在、三人称単数です。
et は次に来る言葉を強調しま ...

ラテン語格言

「ラウス・イン・アモーレ・モリー」と読みます。
laus は「名誉、誉れ」を意味する第三変化名詞、単数主格です。
amore は「愛」を意味する第三変化名詞 amor の単数奪格です。
mori は「死ぬ」を意 ...