ラテン語格言, 第4部の例文

「ドゥキス・イン・コンシリオー・ポシタ・エスト・ウィルトゥース・ミーリトゥム」と発音します。
ducis は、「指導者、指揮官、将軍」を意味する第3変化名詞 dux,ducis m. の単数・属格で、consiliō にかかり ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「アウァールス・イプセ・ミセリアエ・カウサ・エスト・スアエ」と読みます。
avārus は「貪欲な」を意味する第1・第2変化形容詞avārus,-a,-umの男性・単数・主格ですが、ここでは名詞扱いされています。「貪欲な者は」 ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「ビス・ウィンキト・クィー・セー・ウィンキト・イン・ウィクトーリアー」と読みます。
quiは関係代名詞、男性・単数・主格です。先行詞は省略されています。qui…victoriaが、bis vincitの主語となりま ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「ベネフィキウム・アッキペレ・リーベルターテム・エスト・ウェンデレ」と読みます。
beneficium は「恩恵」を意味する第2変化名詞beneficium,-ī n.の単数・対格です。
accipere は「受ける」 ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「アウト・アマト・アウト・オーディト・ムリエル」と読みます。
autは「あるいは」を意味する接続詞です。aut A aut B の構文は「AまたはB」と訳せます。
amat は「愛する」を意味する第1変化動詞 amō, ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アマーレ・ユウェニー・フルクトゥス・エスト・クリーメン・セニー」と読みます。
amāreは「愛する」を意味する第1変化動詞amō,-āre の不定法・能動態・現在で、この文の主語です。
juvenī は「若者」を意味 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「イマーゴー・アニミー・セルモー・エスト」と読みます。
Imāgō は英語の image の語源で「姿、似姿」を意味します。第3変化名詞 imāgō,-ginis f.の単数・主格です。
animī は「心、精神」を意 ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「アマンス・シークト・ファクス・アギタンド・アルデスキト・マギス」と読みます。
Amans は「愛する者、恋人」を意味する第三変化名詞、単数主格です。
sīcut は「~のように」を意味します。
fax は「松 ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「ヌッルム・プターウェリス・エッセ・ロクム・シネ・テステ」と読みます。
nullum は「いかなる~も~ない」という代名詞的形容詞 nullus,-a,-um の男性・単数・対格です。locumにかかります。
puta ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「ニミウム・アルテルカンドー・ウェーリタース・アーミッティトゥル」と読みます。
nimiumは「過度に」を意味する副詞です。
alterdandoは「論争する」を意味する形式受動態動詞altercor,-ari の動名 ...