ラテン語格言, 第2部の例文

「フェルウェト・オプス」と読みます。
fervet は「熱くなる、沸騰する」を意味する第2変化動詞 ferveō,-ēre の直接法・能動態・現在、3人称単数です。
opusはopus,operis n.(仕事)の単数 ...

ラテン語格言, 第1部の例文

「ファータ・オプスタント」と読みます。
fāta は「運命」を意味する第2変化名詞 fātum,-ī n. の複・主格です。
obstant は「反対する、邪魔する」を意味する第1変化動詞 obstō,-āre の直接 ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「ファータ・ウィアム・インウェニエント」と読みます。
fāta は「運命」を意味する第2変化名詞fātum,-ī n.の複数・主格です。
viam は「道」を意味する第1変化名詞 via,-ae f.の単数・対格です。 ...

ラテン語格言, 第1部の例文

「ファーマ・ウォラト」と読みます。
fāmaは「噂」を意味する第1変化名詞fāma,-ae f.の単数・主格です。「名声」という意味もあります。
volō は「飛ぶ」を意味する第1変化動詞volō,-āreの3人称単数 ...

ラテン語格言, 第1部の例文

「エクスペルトー・クレーディテ」と読みます。
expertō は「経験のある」という意味の第1・第2変化形容詞 expertus,-a,-um の男性・単数・与格です。この文では名詞として用いられています。「経験者を」と訳せま ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「エト・ウェンティース・エト・フルミニス・オーキオル・アーリース」と読みます。
et A et Bで「AもBも」を意味します。
この文のAとBはそれぞれ名詞の奪格で、Aはventīs、Bはālīsとみなせます。

ラテン語格言, 第1部の例文

「フゲ・ナーテ・プロピンクゥァント」と読みます。
fugeは「逃げる」を意味する第3変化B動詞fugiō,-ere の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
nāte は「息子」を意味する第2変化名詞nātus,-ī ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「ディスケ・プエル・ウィルトゥーテム・エクス・メー・ウェールムクゥェ・ラボーレム」と読みます。
disceはdiscō,-ere(学ぶ)の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
puerはpuer,-erī m.(少年 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「ディーウィディムス・ムーロース・エト・モエニア・パンディムス・ウルビス」と読みます。
dīvidimusは「切り開く」を意味する第3変化動詞dīvidō,-ere の直説法・能動態・現在、1人称複数です。
mūrōs ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「デーシネ・ファータ・デウム・フレクティー・スペーラーレ・プレカンドー」と読みます。
dēsine は「やめる」を意味する第3変化動詞 dēsinō,-ere の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
fāta は「運 ...