「第1変化名詞」の検索結果 232 件

Q&A, ラテン語入門

第1変化名詞の変化を覚える rosa (バラ)の変化を覚えます。 単数・主格 rosa 単数・呼格 rosa 単数・属格 rosae 単数・与格 rosae 単数・対格 rosam 単数・奪格 rosā 複数・主格 rosae 複数・属格 rosārum 複数・与格 rosīs 複数・ ...

... 重母音は? Q. cūjusの発音は? ラテン語のアクセント Q. ラテン語のマクロン(長音記号)の出し方は? ラテン語の名詞・形容詞 第1変化名詞 第1変化名詞の変化を覚える Q. ラテン語の語順 Q. 文頭の主格は主語とみてもよいか? 第2変化名詞 第1・第2変化形容詞 第3変 ...

授業メモ

... ア像。「ゴルトエルゼ」の愛称で親しまれる」(ウィキペディアより)。 fortūnaは「運命、運命の女神」を意味する。 -aで終わる女性名詞(第1変化名詞)は「女神」を意味する場合がある。 例として「勝利の女神」(Victōria)、「運命の女神」(Fortūna)、「正義の女神」(Jū ...

ラテン語格言, 第6部の例文

「ファーマ・センペル・ウィーウァト」と読みます。 Fāma は「名声、噂」を意味する第1変化名詞fāma,-ae f.の単数・主格です。 semper は「いつも、常に」を意味する副詞です。 vīvat は「生きる」を意味する第3変化動詞 vīvō,-ere の接続法・能動態・現在、3 ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「ファーマー・ニヒル・エスト・ケレリウス」と読みます。 Fāmā は「噂」を意味する第1変化名詞fāma,-ae f.の単数・奪格です。比較の構文の中で「噂よりも」と訳せます(「比較の奪格」)。 nihil が主語です。英語の Nothing と同じ意味の不完全名詞nihilの単数・主 ...

ラテン語格言, 第3部の例文

... ウェニエント」と読みます。 fāta は「運命」を意味する第2変化名詞fātum,-ī n.の複数・主格です。 viam は「道」を意味する第1変化名詞 via,-ae f.の単数・対格です。 invenient は「見つける、発見する」を意味する第4変化動詞 inveniō,-īre ...

ラテン語格言, 第1部の例文

「ファーマ・ウォラト」と読みます。 fāmaは「噂」を意味する第1変化名詞fāma,-ae f.の単数・主格です。「名声」という意味もあります。 volō は「飛ぶ」を意味する第1変化動詞volō,-āreの3人称単数です。 「噂は飛ぶ」と訳せます。 ウェルギリウスの『アエネーイス』に ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「ファークンディア・ディッフィキリス」と読みます。 fācundiaは「雄弁、能弁」を意味する第1変化名詞 fācundia,-ae f.の単数・主格です。 difficilisは「困難な」を意味する第3変化形容詞 difficilis,-e の女性・単数・主格です。 動詞として es ...

ラテン語格言, 第5部の例文

... ere は「認識する」という意味の第3変化動詞 cognoscō,-ere の不定法・能動態・現在です。 causās は「原因」を意味する第1変化名詞 causa,-ae f. の複数・対格で cognoscere の目的語になっています。 「事物の原因を認識し得た者は幸いである」と ...

ラテン語格言, 第3部の例文

... 味する不定代名詞 quisque,quaeque,quidqueの男性・単数・主格です。文の主語です。 fortūnaeは「運命」を意味する第1変化名詞fortūna,-ae f. の単数・属格です。 「めいめいが自分の運命の作者である」と訳せます。 「めいめいが自分で自分の運命を作る ...