Vino aluntur vires, sanguis, calorque hominum.

2015年2月13日

「ウィーノー・アルントゥル・ウィーレース・サングイス・カロルクエ・ホミヌム」と読みます。
vino は「酒」を意味する第二変化中性名詞 vinum の単数・奪格です。「酒によって」と訳せます。
aluntur は「養う」を意味する第三変化動詞 alo の受動相・現在・複数・3人称で、主語は vires, sanguis, calorque です。「養われる」という意味になります。
vires は「力」を意味する第三変化名詞 vis の複数・主格です。
sanguis は「血」を意味する第三変化名詞 sanguis の単数・主格です。
calorque は calor と -que に分解できます。-que は「そして」を意味する言葉です。この文では主語が vires, sanguis そして calor の3つあるので、その最後の名詞に -que をつけています。calor は「熱」を意味する第三変化名詞 calor の単数・主格です。
hominum は「人間」を意味する第三変化名詞 homo の複数・属格で、この文の3つの主語にかかっています。
全体で「人間の力、血、熱は酒によって養われる。」と訳せます。
大プリーニウス『博物誌』に見られる言葉です(23.37.1)。