Sic itur ad astra.

2014年10月31日

「シーク・イートゥル・アド・アストラ」と読みます。
sic は「このようにして」という意味を持つ副詞です。
itur は「行く」を意味する不規則変化動詞 eo の直説法・受動相・現在・三人称・単数です。自動詞の受動相は非人称表現で用いられます。このとき、一般化された内容を意味し、ここでは「人は行く」と訳せます。
ad は「・・・に」を意味する前置詞で、対格を取ります。
astra は「星、天体」を意味する第二変化名詞 astrum の複数・対格です。
「こうして人は星々に向かう」、「こうして人は天に昇る」と訳せます。「人」とは一般化された人のことです。
ウェルギリウスの『アエネーイス』に見られる表現です(Aen.9.641)。

関連図書:

The Aeneid (Everyman’s Library classics)
Virgil Philip Hardie
1857150856