「スキエンティア・エスト・ポテンティア」と読みます。
scientia(知識)、potentia(力)ともに、第1変化名詞、単数・主格です。それぞれこのままの形で辞書の見出しに載っています。
est は、「である」を意味する不規則動詞 sum(スム)の直説法・現在、3人称単数です。
主語は scientia 、補語は potentia と考えられます。
「知識は力である」という意味になります。
動詞estを省いた Scientia potentia.の形も見られます。意味は同じです。

参照:「知識と科学」(エッセイ)