Quis fallere possit amantem?

2016年8月8日

「クゥィス・ファッレレ・ポッシト・アマンテム」と読みます。
quisは疑問代名詞 quis,quidの男性・単数・主格です。英語のwhoに相当します。この文の主語です。
fallere は動詞 fallo,-ere(欺く)の不定法・能動態・現在です。amantemを目的語に取ります。
possitは不規則動詞 possum(~できる)の接続法・現在・3人称単数です。この接続法は、「そんなことがありえようか(いやない)?」という反語を用意するためのものです。
amantemは、amoの現在分詞 amans の男性(女性)・単数・対格です。「愛する者を」と訳せます。(元の文脈に照らすと女性・単数・対格とみなせます)。
「愛する者をだれが欺くことができるだろう。」という意味です。
この文は、「いくら欺こうとしても、恋人にはピンとくる」という意味で、ウェルギリウスの『アエネーイス』第4歌(296行)に出てきます。amantem は元の文脈ではDido(カルタゴの女王)を指しています。

アエネーイス (西洋古典叢書)
ウェルギリウス 岡 道男
4876981264