「プロビタース・ラウダートゥル・エト・アルゲト」と読みます。
第三変化名詞 probitas は辞書では honesty と書いてあります。
第一・第二変化形容詞 probus, -a, -um(よい、すぐれた、立派な、高潔な)の名詞です。
laudatur は、第一変化動詞 laudo の直説法・受動相・現在・3人称・単数の形です。
laudo は「誉める」という意味ですから、ここでは「誉められる」と訳します。
algeo は、to be cold と辞書に記されています。「凍える」という意味です。
不定法の形 algere(アルゲーレ)から、moneo (注意する)などと同じ第2変化の動詞とわかります。
「probitas(正直)はlaudatur され(=賞賛され)、そして(しかし)algetする(=凍える)。」というのが文の構造です。
清廉潔白は賞賛されるが、誰からも省みられないという意味になります。
『論語』の「徳孤ならず。必ず隣り有り」とは逆の意見のようです。
あわせて、マーク・トウェインの”Classic: A book which people praise and don’t read.”(古典。人々が賞賛するが読まない本のこと)という言葉を思い出します。
出典はユウェナーリス、『風刺詩』第一番74 です。

ローマ諷刺詩集 (岩波文庫)
ペルシウス ユウェナーリス 国原 吉之助
4003212517