Populi Romani est propria libertas.

「ポプリー・ローマーニー・エスト・プロプリア・リーベルタース」と読みます。
populi は「国民」を意味する第二変化名詞 populus の男性・単数・属格です。
Romani は「ローマの」を意味する第一・第二変化形容詞 Romanus の男性・単数・属格で、populi と同格です。
propria は、「固有の、特有の」を意味する第一・第二変化形容詞 proprius, -a, -um の女性・単数・主格で、libertas と同格になります。
形容詞 proprius は属格を支配します。「<名詞の属格形>に固有の」という意味になります。
libertas は「自由」を意味する第三変化名詞、女性・単数・主格で、この文の主語です。
「自由はローマ国民固有のものである。」という意味になります。
キケローの『アントニウス弾劾弁論』に見られる言葉です。