第1変化名詞

2020年5月25日

ラテン語学習の一番大事な一歩は名詞の変化のパターンを暗記することです。

rosa(バラ)を例にとって一緒に発音しましょう。
「ロサ、ロサエ・ロサエ・ロサム・ロサー」
呪文と同じです。何度も繰り返します。
発音の仕方はカタカナ読みでOKです。

つづりは、
rosa, rosae, rosae, rosam, rosāです。
(ロサ・ロサエ・ロサエ・ロサム・ロサー)
呪文を覚えたら、綴りにも注目します。
口で発音しながら、rosa,rosae,rosae,rosam,rosāと紙に書きます。
最後のrosāの綴りが気になりますね。語尾のaはāとかきます。aは「ア」でāは「アー」と伸ばします。

呪文の意味をお伝えします。
ロサ:バラは
ロサエ:バラの
ロサエ:バラに
ロサム:バラを
ロサ―:バラによって

まずは理屈抜きに、「ロサ・ロサエ・ロサエ・ロサム・ロサー」と唱えることから始めてください。
それにあきたら、次の表を見ます。

単数 複数
主・呼格 rosa rosae
属格 rosae rosārum
与格 rosae rosīs
対格 rosam rosās
奪格 rosā rosīs

バラが1本の場合「単数」、バラが2本以上ある場合「複数」の扱いになります。呪文と呼んでいたのは、表の左側を上から下に読み上げたのでした。太字の部分を「語尾」と言います。一部同じものもありますが、それぞれ少しずつ違いがあるのに気づきます。そこに気を付けて、単数の縦一列を声に出して言えるようになったら、同じ要領で複数も上から下の順に声に出して言えるようにします。

複数はこうです。
「ロサエ・ロサールム・ロシース・ロサース・ロシース」。
2つ目の「ロサールム」だけ太字をつけたのは、アクセントの位置が他と異なるからです。そのほかは全部語頭の「ロ」にアクセントがあります。そんなことにも気を付けて、ともかく単数の縦一列、つづいて複数の縦一列をスラスラよどみなく言えるようにしてください。

それができるようになったら、それぞれのポジションの意味についてお伝えします。

英語は語順がきっちり決まっているのに対し、ラテン語はこの「語尾」が変化することで、「てにをは」の区別を表します。

主格: Rosa est.(バラがある)。
属格: Odor rosae est.(バラの香りがある)。
与格: Rosae aquam dō.(私はバラに水を与える)。
対格: Rosam amō.(私はバラを愛する)。
奪格: Rosā mensam ornō.(私はバラでテーブルを飾る)。

※ 違いを強調するために語尾を太字にしているだけで、実際の文章の中で太字になっているわけではありません。

語尾だけ抜き出すと次のようになります。

単数 複数
主・呼格 a ae
属格 ae ārum
与格 ae īs
対格 am ās
奪格 ā īs

この語尾だけを見ても、rosaの変化は言えるでしょう。やってみてください。もちろん、見ないでできる人にはたやすいはずです。ただ、この表があれば、第1変化名詞のrosa以外の単語についても応用がききます。たとえば、stella(ステッラ:星)も第1変化名詞なのですが、どのように唱えればよいか、わかりますか?

語尾の表を見れば自分でできるのではないでしょうか?

答えは次の表のようになります。

単数 複数
主・呼格 stella stellae
属格 stellae stellārum
与格 stellae stellīs
対格 stellam stellās
奪格 stellā stellīs

単数から順に読むと、「スッラ・スッラエ、スッラエ、スッラム、スッラー」、複数は「スッラエ・ステッラールム・スッリース・スッラース・スッリース」と読みます。 単数奪格で、語尾のaを長く読む点に注意してください。 単数主格 stellaは、「星は」と訳せます。 呼格 stellaは「星よ」です。 与格 stellaeは、「星に」とか「星にとって」という意味です。 対格 stellamは「星を」になります。 奪格(だっかく)は一言で説明できない格です。 「星から」や「星によって」と訳すことができます。inやexといった前置詞とセットで登場することが多いです。

第1変化名詞の大部分は女性名詞である点も覚えておきましょう。 ギリシア神話の「ケパロスとプロクリスのエピソード」では、 妻の誤解(夫に愛人がいるという勘違い)は、そよ風(aura)に語りかけた夫の言葉に原因がありました。「そよ風(=aura アウラ)よ」という言葉は、愛する女性に対する語り掛けであると錯覚されたからです。(つまり、aura は女性名詞)。

第1変化名詞は、辞書の見出しでは、-aで終わる名詞と覚えてください。 例えば、fāma (ファーマ) うわさ、dea (デア)女神、glōria (グローリア)栄光、terra (テッラ)大地、via (ウィア)道、などは全部第1変化名詞です。 繰り返しになりますが、第1変化名詞の場合、辞書の見出しは、ふつう fama, ae, f. となっています。 単数・主格の次に、単数・属格の形 (-ae)をかくことにより、 この単語の変化形が第1変化名詞だとわかります(わかってください)。 ちなみに、最後のf. は女性名詞 (feminine)であることを示します。

第1変化名詞の例

第1変化の場合はその大半が女性名詞です。 dea(デア)「女神」、 fīlia(フィーリア)「娘」、puella(プエッラ)「少女」、 rēgīna(レーギーナ)「女王」など。

第1変化名詞で男性のものは、agricola(アグリコラ)「農夫」、nauta(ナウタ)「水夫」、poēta(ポエータ)「詩人」、collēga(コッレーガ)「同僚」、scrība(スクリーバ)「書記」など少数です。あと男性の人名で-aで終わるものがあります。有名なところでは、Seneca(セネカ)があります。

第1変化名詞の用例

実際の文の中で名詞はどのように使われるのでしょうか。第1変化名詞を例にとって説明します。 なお、例文に使っている動詞の活用については、「動詞」を参照してください。 ちなみに例にとりあげた「輝く」を意味する micō(ミコー)は、 第1変化動詞、「見る」という意味の videō (ウィデオー)は第2変化動詞です。

Stella micat. 1つの星輝く。
Stellam videō. 私は1つの星見る。
Stellae micant. 複数の星輝いている。
Stellās videō. 私は(複数の)星見ている。

第1変化名詞の格言

リンク先に詳しい文法的説明があります。

Aquila nōn captat muscam.
鷲(わし)は蠅をつかまえない。

Fāma volat.
噂は飛ぶ。

Jūstitia saepe causa glōriae est.
正義はしばしば栄光の原因である。

Scientia est potentia.
知識は力である。

Vīta brevis, ars longa.
人生は短く、技は長い。

>>本サイトで「第1変化名詞」を含むエントリー