『農耕詩』第3巻序歌(訳)

2018年12月3日

『農耕詩』第3巻序歌の訳を紹介します。

3.1-2
Te quoque, magna Pales, et te memorande canemus
pastor ab Amphryso, uos, siluae amnesque Lycaei.
偉大なるパレス(牧人と家畜を守る古いイタリアの神)よ、あなたのことも歌おう。またあなたのことも、アムプリュスス川のそばで名を馳せた牧人(アポッロ)よ。あなたがたも、リュカエウス山(アルカディアの山の名)の森と川よ。

3-5
cetera, quae uacuas tenuissent carmine mentes,
omnia iam uulgata: quis aut Eurysthea durum
aut inlaudati nescit Busiridis aras?
空虚な心を歌によって魅了したはずの他のすべての主題は、もはやありふれたものとなった。だれが残酷なエウリュステウス(ミュケナイ王)や、悪名高いブシリス(エジプト王)の祭壇を知らないだろうか。

6-9
cui non dictus Hylas puer et Latonia Delos
Hippodameque umeroque Pelops insignis eburno,
acer equis? temptanda uia est, qua me quoque possim
tollere humo uictorque uirum uolitare per ora.
だれが、少年ヒュラス(ヘラクレスの侍童)やラトナのデロス島、ヒッポダメや、象牙の肩で名を馳せ、馬を駆ってはたけだけしいペロプスの話を語らなかったか。 だから私は道を試みなければならない。そこを通り、私もまた地面から持ち上げられ、勝利者 として人々の口の間を飛び回ることができるような道を。

10-11
primus ego in patriam mecum, modo uita supersit,
Aonio rediens deducam uertice Musas;
私は命がつづくかぎり、最初の人として、祖国に私といっしょにムーサたちを、アオニアの山頂(ムーサの山、ヘリコン山)から連れて帰還したい。

12-15
primus Idumaeas referam tibi, Mantua, palmas,
et uiridi in campo templum de marmore ponam
propter aquam, tardis ingens ubi flexibus errat
Mincius et tenera praetexit harundine ripas.
最初にイドゥマエア(パレスチナ地方)のシュロの葉をマントゥア(ウェルギリウスの故郷)よ、おまえにもたらそう。そして緑の野の中に、大理石でできた神殿(『農耕詩』の後にかく叙事詩をさす)を川のほとりに立てるのだ。そこでは偉大なミンキウスがゆっくりと蛇行し、ほっそりした葦によって川岸を覆っている。

16-20
in medio mihi Caesar erit templumque tenebit:
illi uictor ego et Tyrio conspectus in ostro
centum quadriiugos agitabo ad flumina currus.
cuncta mihi Alpheum linquens lucosque Molorchi
cursibus et crudo decernet Graecia caestu.
神殿の中央には、わがカエサル(オクタウィアヌス。後のアウグストゥス)の像を置こう。カエサルを神殿の主神とするのだ。彼のために、私は勝利者としてテュルス(ポエニキアの町)の緋色の衣をまとい、一際(ひときわ)目立つ格好で、四頭立て馬車を百乗川に沿って走らせよう。ギリシア人は、こぞってアルペウス川(ペロポネソス半島の川)とモロルクスの聖林を去り、徒競争や粗野な皮手袋の戦いで勝負を挑むだろう。

21-5
ipse caput tonsae foliis ornatus oliuae
dona feram. iam nunc sollemnis ducere pompas
ad delubra iuuat caesosque uidere iuuencos,
uel scaena ut uersis discedat frontibus utque
purpurea intexti tollant aulaea Britanni.
私自身は、刈り取ったオリーヴの葉で飾られて、捧げものを贈ろう。今や厳かな行進を神殿まで導き、ほふった子牛を見ることは楽しいことだ。あるいは、いかに舞台の正面が回転し、目の前から消えるのか、また、いかに幕に縫い込まれたブリタンニア人が緋色の幕を持ち上げるのか、これらを見ることも実に楽しい。

26-29
in foribus pugnam ex auro solidoque elephanto
Gangaridum faciam uictorisque arma Quirini,
atque hic undantem bello magnumque fluentem
Nilum ac nauali surgentis aere columnas.
神殿の扉には、黄金や稠密な象牙を用いてガンゲス(ガンジス)川の民族(インド人)との戦いと、ローマ人の勝利の戦さを彫り刻もう。そこには戦(いくさ)で波立ち、雄大に流れるナイル河と、青銅の船首高く聳える柱楼も加えよう。

30-33
addam urbes Asiae domitas pulsumque Niphaten
fidentemque fuga Parthum uersisque sagittis;
et duo rapta manu diuerso ex hoste tropaea
bisque triumphatas utroque ab litore gentis.
アジアの破れた都市や、敗走するニパテス(アルメニアの山)、逃亡と振り向きざま矢を放つことに自信を持つパルティア人、(東西)二手に分かれた敵から腕付くでもぎとった二つの勝利の記念碑、二度武力に屈した両岸の部族も加えよう。

34-36
stabunt et Parii lapides, spirantia signa,
Assaraci proles demissaeque ab Ioue gentis
nomina, Trosque parens et Troiae Cynthius auctor.
パロス島の大理石で作った像、息をする像も建つだろう。アッサラクス(プリュギア王)の末裔、ユピテルの血を引く種族の名、われらが父祖トロス(アッサラクスの父)とトロイアの建国者キュンティウス(アポロン)の像もだ。

37-39
Inuidia infelix Furias amnemque seuerum
Cocyti metuet tortosque Ixionis anguis
immanemque rotam et non exsuperabile saxum.
不幸な羨望(を持つ者)は、復讐の女神と残酷なコキュトゥス川(冥界の川)を恐れるがよい。イクシオンの体に巻き付いた蛇や、巨大な刑車、永遠に克服できない岩(シシュプスの岩)をも恐れるがよい。

40-41
interea Dryadum siluas saltusque sequamur
intactos, tua, Maecenas, haud mollia iussa:
その間、私はドリュアス(森のニンフ)の未踏の森や林間の空き地に分け入ろう。マエケナス(ウェルギリウスのパトロン)よ、あなたの出した容易ならざる命令に、私は取り組もう。

42-45
te sine nil altum mens incohat. en age segnis
rumpe moras; uocat ingenti clamore Cithaeron
Taygetique canes domitrixque Epidaurus equorum,
et uox adsensu nemorum ingeminata remugit.
あなたがいなければ、私の心はこれほど高邁なことを企てなかっただろう。さあ始めよう。間延びした遅延は打ち破るのだ。キタエロン山が大きな叫び声で呼んでいる。タイゲトゥスの犬たちや、馬を飼い慣らすエピダウルスも。その声は森の同意と響きあい、音を返してよこすのだ。

46-48
mox tamen ardentis accingar dicere pugnas
Caesaris et nomen fama tot ferre per annos,
Tithoni prima quot abest ab origine Caesar.
しかし、やがてカエサルの燃え上がる戦いを語る準備をしなければならない。カエサルがティトヌス(曙の女神の夫)の最初の出生から遠く離れている、それだけ長い年月にわたり、私は彼の名声を今後は噂によって運び伝えるのだ。

牧歌/農耕詩 (西洋古典叢書)
ウェルギリウス 小川 正広
4876981515