Non convalescit planta quae saepe transfertur.

「ノーン・コンウァレースキト・プランタ・クァエ・サエペ・トランスフェルトゥル」と読みます。
convalescit は「強くなる、元気になる」を意味する第三変化動詞 convalesco の直説法・能動相・現在、三人称・単数です。
planta は「植物」を意味する第一変化名詞、単数・主格です。
quae は関係代名詞、女性・単数・主格です。先行詞は planta です。
saepe は「しばしば」を意味する副詞です。
transfertur は「移し替える」を意味する不規則変化動詞 transfero の直説法・受動相・現在、三人称・単数です。
「しばしば移し替えられる植物は元気にならない」という意味になります。
セネカの『倫理書簡集』に見られる言葉です(Ep.2.3)。

セネカ哲学全集〈5〉倫理書簡集 I
兼利 琢也
4000926357