Nolite judicare, et non judicabimini.

2016年5月30日

「ノーリーテ・ユーディカーレ・エト・ノーン・ユーディカービミニー」と読みます。
Nolite は「望まない」を意味する不規則変化動詞 nolo の命令法・現在・二人称・複数です。不定法を伴って、「・・・することを望んではならない」、すなわち「・・・しようと思うな」という意味になります。
judicare は「裁く」を意味する第一変化動詞 judico の不定法・能動相・現在です。
et は命令法とともに用いられた場合、「・・・せよ(するな)そうすれば」という意味を表します。
judicabimini は judico の直説法・受動相・未来、二人称・複数です。「あなたがたは裁かれないだろう」という意味になります。
「(おまえたちは)裁くな、そうすれば、裁かれないだろう」と訳せます。
聖書』の言葉です。