Nihil agendo homines male agere discunt.

「ニヒル・アゲンドー・ホミネース・マレ・アゲレ・ディスクント」と読みます。
nihil は代名詞的形容詞・中性・単数・対格です。英語の nothing に対応する言葉で agendo の目的語になっています。
agendo は「行う」を意味する第三変化動詞 ago の動名詞・奪格です。「行うことによって」と訳せます。
homines は「人間」を意味する第三変化名詞 homo の複数・主格です。
male は「悪く」という意味の副詞です。
agere は先に述べた動詞 ago の不定法・能動相で、discunt の目的語です。
discunt は「学ぶ」という意味の第三変化動詞 disco の現在・能動相・複数・3人称です。主語は homines です。
「人間は何もなさないことによって、悪く行うことを学ぶ。」が直訳になります。
「悪く行う」とは「悪事をなす」という意味で解釈されます。
「小人閑居して不善をなす」と意訳できます。
これはコルメッラの『農業論』に見られる言葉です。
Columella: On Agriculture, Volume I, Books I-IV (Loeb Classical Library No. 361)
Columella Harrison Boyd Ash
0674993985