Levis est Fortuna: cito reposcit quod dedit.

「レウィス・エスト・フォルトゥーナ。キト・レポスキト・クウォド・デディト」と読みます。
levisは「軽い」を意味する第三変化形容詞。Fortuna(運命の女神)を修飾します。したがって前半部は、「運命の女神は、軽薄である。」となります。
後半の関係代名詞quod(中性・単数・対格)の先行詞は省略されています。補うとすれば、指示代名詞idです。reposcitの主語はFortunaで、id…quod dedit全体は「彼女(=運命の女神)が与えた(dedit)ところのそのものを(id)」となります。この名詞節をreposcitが目的語にします。
citoは「ただちに」、reposcitは「返すよう求める」(reposcoの単数・三人称・現在の形)。
dedit は、動詞 do(与える)の完了・三人称・単数の形です。
後半の訳は、「運命の女神は、与えたものをすぐに返すよう求める」となります。
「運命の女神は軽薄である。与えたものをすぐに返すよう求めるから。」という訳になります。
プブリリウス・シュルスの言葉です(Syr.335)。

Minor Latin Poets, Volume I: Publilius Syrus. Elegies on Maecenas. Grattius. Calpurnius Siculus. Laus Pisonis. Einsiedeln Eclogues. Aetna (Loeb Classical Library)
Minor Latin Poets Aetna Calpurnius Siculus Publilius Syrus Laus Pisonis Grattius J. Wight Duff
0674993144